二日続きの・・・

2015.03.11 Wednesday

0
     昨日は70年前の「東京大空襲」、
    そして今日は4年前の「東日本大震災」。
    年月は異なるが、日本人にとって3月10日・11日は、
    二日続きで忘れられない戦争と天災の鎮魂日。
    この二つの歴史的事実は、未だ人々の記憶に強くある。
    それでも人はその悼みをやがて忘れ、歴史は風化する。
    実際我々は、百年・二百年前にあった悲惨な歴史を、
    すぐ頭に浮かべることがいくつできるだろうか?
    その多くはその気になって、本なりネットなりで調べんと、
    なかなか思い出せないし、わからん。
     この先、四五世紀も経た時代に生きる人たちにとって、
    二十、二十一世紀の時代にあった我々の現実は、
    考古学的な価値と歴史でしかなくなるのかもしれんなあ・・・。

    東京大空襲

    2015.03.10 Tuesday

    0
       1944年11月(己が生まれて三ヶ月後)、
      アメリカ軍は無差別の空襲を東京にはじめた。
      翌年5月まで、106回もの空襲があったようだが、
      中でも今日・3月10日の東京大空襲では、
      10万人以上が殺され、100万を超える罹災者が出たという。
       己は群馬・桐生の疎開先で生まれ、
      母とそこにいたので、幸い空襲を免れた。
      東京にいた己より十も年上の兄は、
      二歳の妹(己の姉)を背中におんぶして、
      空襲の中、街を逃げまどったという。
      後々、その恐ろしさをよく話してくれたが、
      あれから70年も過ぎて、
      己の父母はもちろん、その兄もとうに無の人・・・。
       改めて戦争犠牲者を悼み、平和の尊さを噛みしめたい。
       

      戦争の恐怖

      2015.03.09 Monday

      0
         今の日本人は、〈戦争の恐怖〉を、
        どれほど実感としてもっているのだろう?
        日本人の多くが、世界のあちらこちらで、
        現にある戦争や紛争、テロや虐殺の恐怖を、
        「他国のこと」と無関心でいるとは思わん。
        しかし、日々過酷な紛争地の中で生きている人々の恐怖や切実な叫びを、
        今の我々日本人は、どれほどのリアリティーをもって、
        自身で受け止め、実感しとるのだろうか?
        そう自問自答すれば、はなはだ心もとない。
         終戦一年前に生まれた己は、
        戦争そのものの体験も記憶もおよそない。
        が、昭和二三十年代、日常の暮らしで接する大人たちは、
        その悲惨を体験した人々ばかりだったし、
        街へ出れば、戦争で手足を失った人々をよく見かけた。
        で、かような大人たちの話を聞いたり、
        傷害を負った人の姿を目にするにつけ、
        子供心に戦争の恐怖をリアルに感じとった。
        再び徴兵制ができて「二等兵」となり、
        最前線へやられたらイヤだなあーと真剣に思った。
        万一そんなことになったら、
        「徴兵拒否」して刑務所に入ろうとさえ思った。
        それほど戦前から戦後に生まれ育った己たちは、
        戦争の恐ろしさを実体験せずとも、
        その恐怖を、かなりリアルに感じていたのだ。
         戦後七十年・・・。
        もはや戦争を実体験した人は少なく、
        戦争時代に幼少を過ごした人も年々いなくなる。
        今の時代に生きる人々が、過去の悲惨と恐怖を、
        より強い想像力で実感するためにも、
        過去、日本が犯した過ちの歴史は、
        世紀を超えて、臆することなく語り継がれていかねばならん。
        そのためにも、芸術文化の役割は決して小さくない・・・と、
        己は思うのだ。

        「津軽への誘い」千秋楽

        2015.03.08 Sunday

        0
           本日、保村雪山・津軽三味線「津軽への誘い」のライブ・千秋楽。
          昨日初日の客席は、六分ほどの入りだったが、
          一曲一曲終わるたび、スペースの空間は熱い拍手に包まれた。
           まことに雪山さん、円熟の三味線と歌と語り・・・。
          休憩時間、四十前後と思われる男性が、
          顔をグシャグシャにしながら洟をかんどったので、
          「花粉症ですか?」とたずねたら、

          「いやいや、素晴らしい三味線の音に引き込まれ、
          故郷・津軽の風景や思い出が次から次へと目に浮かび、
          どうにも涙がとまらなくなってしまった・・・」と、感動しとった。
           雪山さん、本日も客席はチト寂しいですが、よろしくお願い致します!
           

          保村雪山・津軽三味線 「津軽への誘い」

          2015.03.07 Saturday

          0
             本日、スペース〈じゃがいも村〉は、
            保村雪山・津軽三味線「津軽への誘い」のライブ初日。
            で、明日は千秋楽で、わずか2ステージで終わってしまう。
            (7日土曜日・8日日曜日 PM16時開演)
             残念ながら、集客はあまりよくない。
            すべてはプロデュースした己の力不足。
            雪山さんには、ほんとうに申し訳なく思う。
            それでもお越しくださったお客様は、
            必ずや彼女の味わいに満ちた世界を堪能してくださるだろう。
             雪山さん。
            客席はチト寂しくとも、思う存分羽ばたいて、
            津軽独特の旋律と歌声を、

            「じゃがいもも村」のスペースに響かせて下さい!!
             

            針仕事

            2015.03.06 Friday

            0
               カミさんは針仕事が好きである。
              暇さえあれば何かを縫って作っている。
              趣味と実用を兼ねているらしいので、
              およそ飽きることなく、ムチューで作っている。
              たまには己のために作ってもくれるのだが、
              ほとんどは自分が身に着ける服やら手提袋やら、
              小物の類で、次から次に「新しいもの」を作っている。
               カミさんのそんな姿に、
              夜更け、よく針仕事をしていた亡き母の姿が重なる。
              しかしカミさんと母の針仕事には大きな違いがある。
              母は「新しいもの」を、まず作ってはいなかった。
              子供たちの、破けたり、綻びたズボンや下着、
              穴のあいた靴下なんぞを繕ってばかりいたと思う。
              戦後の貧しい暮らしの中で、新しい衣類はなかなか買えず、
              数少なかった古い衣類を、
              とことんボロになるまで使い切ろうとしたあの時代。
              小さな体をまるめ、
              目をショボショボさせながら繕いものをしていた母の姿・・・。

              思い出せば、チトこの胸が熱くなる。

              自業自得・自縄自縛

              2015.03.05 Thursday

              0
                 今週のNHK「クローズアップ現代」という番組で、
                ロボット技術の進化によって、
                いずれ人間の職が奪われたり、仕事の質も著しく変わる・・・、
                ちゅうような内容をクローズアップしとった。
                (既にずいぶん前から奪われているようにも思うが)
                 車は全てコンピーターによる自動運転。
                介護も全てロボットまかせ・・・。
                ほんまにそげな時代が、すぐそこまで来ているのか?
                さらにこのままロボットが進化を遂げ続ければ、
                やがて人間社会は、ロボットに乗っ取られるという、
                まるでSFのような文明社会になッちまうのかもしれんな。
                 機械に翻弄される哀れな人間を描いた、
                チャップリンの名作「モダンタイムス」を思い出す。
                しかし人類は、それでもさらなる進化を目指す。
                自業自得・自縄自縛の文明になることを怖れながらも・・・。
                 

                《突っ込み節》

                2015.03.04 Wednesday

                0
                   先月、スペース〈じゃがいも村〉で、
                  「歌イビト語ル」こと、タッシー田代(写真)のライブで、
                  一つの歌をお披露目した。
                  己、麦人作詞で、歌イビト作曲の歌である。
                  二人はこの新曲で、いずれNHK紅白に出ようと、
                  ま、マジメに、およそジョーダンでハナシあった。
                   
                  ・・・ズンズン パッパ ズンパッパ 
                  ズンズン パッパ ズンパッパ
                   
                  おれの女房のいうことにゃ
                  あんたはいつでも優柔不断
                  肝心かなめで腰が引け
                  中途半端で終わるのよ
                  やさしさだけじゃいけないわ
                   
                  ・・・ズンズン パッパ ズンパッパ 
                  ズンズン パッパ ズンパッパ
                   
                  仕事仲間に誘われて
                  酒場で飲んでも憂さ晴れぬ
                  つまみの高さも気になって
                  酔っても出るのは愚痴ばかり
                  たまには虎になりたいよ
                   
                  ・・・ズンズン パッパ ズンパッパ 
                  ズンズン パッパ ズンパッパ
                   
                  いずれ老後を考えりゃ
                  年金・預金が気にかかる
                  政治に期待もできないし
                  リストラされたらどうしよう
                  春には嫁ぐわが娘
                   
                  ・・・ズンズン パッパ ズンパッパ 
                  ズンズン パッパ ズンパッパ
                   
                  古今東西人間なんて
                  天然自然にゃかなわない
                  そのうえ戦争なんぞして
                  か弱き人が死んでいく
                  ノーベル賞もいいけどさ
                   
                  ・・・ズンズン パッパ ズンパッパ 
                  ズンズン パッパ ズンパッパ
                   
                  と、まあこんな歌・・・。
                  はたして、この歌のミライは!?
                   

                  津軽三味線のライブ

                  2015.03.03 Tuesday

                  0
                     先月のブログでもご紹介したが、
                    己が大好きな津軽三味線の奏者であり、
                    歌い手であり、語り部である保村雪山さんの、
                    「津軽への誘い」ライブが、今週末の土日、
                    (7日・8日 共に16時開演)
                    スペース〈じゃがいも村〉で公演される。
                    津軽独特の情緒と、厳しい風雪を感じながら、
                    雪山さんと共に過ごすおよそ90分。
                    必ずやおいでくださる方々の心に、
                    記憶に残る三味線の響きと歌、
                    味わいのある語りの世界を届けてくれるだろう。
                    が、プロデュースした己の不徳の至り・・・、
                    現在のところまで、予約されたお客様の数は、
                    満席の半分にも満たない。
                    本番まで残り四日間で、どれだけ増やせるかわからんが、
                    己もフンバッて最後の集客努力をせにゃならん。
                    このプログを読んでくださった皆様、
                    どうか時間を割いて足を運んでくださればありがたき幸せ。
                     どんな状況下でのライブだろうと、
                    決して手抜きしない雪山さんではある。
                    が、磨きぬかれ、熟成されたその世界を、
                    寂しい客席を前にして舞台へ立たせるのは忍びなく、
                    何をさておき、モッタイナイ!

                     
                    ライブ詳細は、http://www.mugihito.com/
                    麦人公式HPのトップページでご覧ください。
                     

                    石地蔵

                    2015.03.02 Monday

                    0
                       己は全く無宗教、無信仰で、
                      信仰心厚い人から見ればバチ当たりな人間かもしれん。

                      しかしそんな己でも、
                      ときどき道端にある石地蔵には心ひかれる時がある。

                      東京のような雑多・無頼な都会の中で、
                      微妙な笑みで、我俗世に関せずと風雨に耐える、

                      そのたたずまいと風景にひかれるんじゃろうか?
                       カミさんに、柔和な丸顔の石地蔵の写真を見せて己は言った。
                      「チト、ガキの頃の己に似とるなあー」
                      するとカミさんは、
                      「今のムギさんと、似てもニツカナイ」と、答えた・・・。