東京大空襲

2015.03.10 Tuesday

0
     1944年11月(己が生まれて三ヶ月後)、
    アメリカ軍は無差別の空襲を東京にはじめた。
    翌年5月まで、106回もの空襲があったようだが、
    中でも今日・3月10日の東京大空襲では、
    10万人以上が殺され、100万を超える罹災者が出たという。
     己は群馬・桐生の疎開先で生まれ、
    母とそこにいたので、幸い空襲を免れた。
    東京にいた己より十も年上の兄は、
    二歳の妹(己の姉)を背中におんぶして、
    空襲の中、街を逃げまどったという。
    後々、その恐ろしさをよく話してくれたが、
    あれから70年も過ぎて、
    己の父母はもちろん、その兄もとうに無の人・・・。
     改めて戦争犠牲者を悼み、平和の尊さを噛みしめたい。
     
    コメント
    コメントする