語り同人《じゃがいも》の改革

2015.02.16 Monday

0
     己は微力ながら、語り同人「じゃがいも」という、
    語り表現による創造の場を主宰し、
    同人たちの稽古に立ち会い、あれこれアドバイスをさせてもらっとる。
     同人のメンバーは、既にプロとして活動している俳優&声優。
    これからプロを目指す人。個人の創造的興味だけで参加している人。
    同人の立場やその動機は様々。同人の年齢も20代〜80代と幅広い。
    同人は年4回の公演を目指して、同人一人一人、自ら選んだ作品を、
    月2週、土日のグループに分かれ、3ヶ月間の稽古に励み、本番に臨む。
     現在30人ほどの同人がおり、
    春夏秋冬・1季12人が稽古〜本番に向けてガンバル。
    己が目指す《じゃがいも》のゆるぎない方向性は、
    同人一人一人が、自らの個性をよく知り、大切にし、
    その個性的自己表現を磨きつつ深化する場になること。
    故に《じゃがいも》の運営も、
    可能な限り同人の主体的意思を反映した要綱を作って、
    同人一人一人が前向きな表現活動のできるような場にしたい。
    そこで本日は、己がカッテに作ったこれまでの要綱を見直し、
    より同人全体の意思を反映した新要綱を作るため、
    全同人の中から五人の有志が、全同人を代表し、
    己夫婦を交えて最終的な《じゃがいも》改革の話し合いをする。
    ま、なかなか「全ての要綱がカンペキ、全ての同人がマンゾク」
    てなわけにもいかんが、発足4年目、その成果は一歩づつ実っている。
     で、アドバイザーとしての自分の立場はさておき、
    同人と稽古を共にしながら、己はつくづく思うのだ。
    アドバイスのしかたはホンマにムツカシイと・・・。
    〈教うるは学ぶの半ば・・・〉だと。
    コメント
    コメントする